【SNS・集客不要】王道×裏技で稼ぐココナラ運用が学べるLINEが出来ました!詳しくはコチラ

最短でSNS攻略したいなら●●で圧倒的信用を作れ【稼ぎ方】

唐突に質問します。

SNSを使ってお金を得るには

  • コンセプトを作る!
  • 有益な発信をする!
  • 価値提供する!
  • ファン化をする!
  • フォロワーを集める!

と、考えますか?

どれも、正解です。

では、初めてビジネスに挑戦する人は、それら全てを最初からできると思いますか?

「ん…」と少し考えてしまいませんか?

その感覚も正しいです。

実際、SNSを使ってお金を得るにはかなり「戦略的」に動く必要がでてきます。

なにせ、「信用」を積み重ねて「信頼」されるようにならなければいけないからです。

「信用や信頼」が無ければ「いくら商品やサービスを宣伝しても」あなたが選ばれることはありません。

ここで、多くの人が「信用も信頼もすぐには作れないよ!」と挫折してしまうのですが、
誰が見ても納得できる信用」ぐらいであれば比較的簡単に作れるのです。

あとはその信用を信頼に変えていくだけ。
それも、あなたが考えているより壁の高いものではありません。

本記事では、「生々しい現実」と「現実の壁は想像以上に低かった」という2つに着目してお話していきます。
※ここでは金融の「信用や信頼」ではなく、ビジネスシーンでの「信用や信頼」に着目します。
※SNSを使ったアフィリエイトはまた毛色が異なるので触れません。

目次

そもそも「信用」とは?

信用とは「過去の成果、実績、成績」など、目に見える形のものに基づいて評価されます。

  • ●●円稼いでいる
  • ●●個売れた
  • 専門的な資格を持っている
  • 職業が●●だ
  • 年間1,000冊の本を読んだ
  • ●●の相談に乗って悩みを解決させた
  • お客様が●●人いた
  • ●●の業界で生きてきた

などですね。

SNSを使って稼ぎたい!とおもうと、どうしても「●●個売れた」「●●円稼いだ」という実績に目が行きます。

その実績に加え、「専門的な資格を持っている」「1,000冊の本を分析した」などの付加価値をつけて、信用を”積み上げ”ていくのです。

ここで次の3人の発信者を比べてみましょう。

あなたは今後「稼ぐ系」のコンテンツビジネスを始めたいと思っています。
最速で確実に実績を出したい。

そんな中、次の3人が同じコンテンツを出していました。

あなたは、どの人の商品を買いたいですか?
※どの発信者とも1度も絡んだことがない前提とします。

【佐藤さんの「コンテンツビジネスの方法」】
3ヶ月で月収100万達成。
生徒も実績を出している。

【小林さんの「コンテンツビジネスの方法」
市場調査を1000人に渡って実施。
自身の実績はないが、分析結果から実績を出す自信はある。

【中村さんの「コンテンツビジネスの方法」
色んな人コンテンツを読破。
その知識を基に無料でセミナー動画や無料コンサルを行っている。
相談数は300人越え。
ただし、自身は実績を出していない。

佐藤さんを選びませんか?

生々しい現実ですが、「稼ぎたい」という思いの人にとっては、
「いくら稼いだのか」「生徒は実績を出しているのか」が指標になります。

何人分析しただとか、何人相談に乗ったなどの実績はそこまで重要じゃありません。

稼ぎたい人」に商品を売りたいなら「稼いだ額や期間、生徒の実績」が無ければ信用されないのです。

次の例に行きましょう。

あなたは今「気になるあの人に告白したい」と考えています。
そこで、次の発信者を見つけました。

あなたなら、どの人にお金を払って相談を持ち掛けますか?
※どの発信者とも1度も絡んだことがない前提とします。


【前田さんの「恋愛成就占い」】
恋愛占い師として、延べ300人を恋愛成就に導いた。
自身は恋愛下手で、恋人いない歴10年。

【小池さんの「恋愛コーチング」】
自身は恋愛上手で、恋人がいない時の方が少ない。
最近恋愛カウンセラーを始めた。
相談者が恋愛成就した実績無し。

最上さん「恋愛お悩み相談」
優しく話を聞いてくれそうな人。
恋愛経験はそこそこだが、話しやすい雰囲気もあり
相談をよく持ち掛けられる。
相談者が恋愛成就した実績無し。

これは少し割れるかもしれませんが、まぁ「前田さん」を選ぶのが大多数だと思います。

「お金を払って相談」するということは「強烈に解決したい思い」があるからです。

そう考えると、大多数が「300人を恋愛成就させた」前田さんを選ぶでしょう。
※「恋愛下手だからアドバイスが欲しい…」であれば小池さんを選ぶ人も出てきます。
※「ただ話を聞いて欲しい…」であれば最上さんを選ぶ人も出てきます。

これが「信用」です。

自身の悩みを解決してくれそうな「実績(数字)」が必要不可欠です。

そして、その数字が「需要に直接響く」内容であればあるほど、ダイレクトに届きます。

なら信頼とは?

信頼とは「人柄や考えなど」に評価されます。

「信用」との違いは、必ずしも過去の実績を判断基準としないということです。

もし、あなたが信用無しで物を売りたいと考えるのであれば、「時間をかけて」信頼を構築するしかありません。

少し例を挙げます。

松川さんは、SNSでマネタイズしたいと思いTwitterの世界にやってくる。

「自分は何を提供できるんだろう?」

と、思いながら定期的に発信者が出すコンテンツを購入。


コンテンツを購入したことをきっかけに発信者と仲良くなり、よく絡むようになってきた。
それを繰り返すうちに様々な発信者からフォローもされ、徐々に認知されるようになってきた。


そんなある日、発信者の商品のアフィリエイトを実施。

発信者がRTもしてくれたので、
実績はないが多くの人の目に触れることになり成約。


その経験をもとに「何の実績も無いけどSNSでマネタイズ成功」というコンテンツを作成し販売。

「松川さんのだから!」ということで初のコンテンツ販売で0→1を達成。

どうでしょう?

最近はこのような光景も見るようになってきましたよね。

これが「信頼」を基に稼ぐことができる一例です。

「信頼」から入りアフィリエイトで成約。
その実績を「信用」にしてコンテンツ販売で成約。

という流れです。

このように見ていくと、

  • 信用:条件付きで信じること
  • 信頼:条件なしで信じること

となります。
※この考え方は、「アドラー心理学」に基づいています。

「信用と信頼」どちらから貯めるべきか?

少しビジネスでよく使う金言を紹介します。

  • 信用なくして信頼なし
  • 信頼は信用の積み重ね

聞いたことありませんか?

この金言が示す通り、「ビジネス」を行う上では「信用」を貯めていくことが最も成果につながりやすいのです。

だからこそ「なにも実績が無い」なら、

  • 無料でコンサルをして実績を作る
  • 無料プレゼントを行い実績を作る
  • 無料でサムネを作り実績を作る
  • 無料でレターを書き実績を作る

というように、価値を与え「信用」を貯めます。
その内容が良ければ、それが「信頼」に変わります。

  • 信用:●●回(人)相談に乗ってきた
  • 信頼:高いクオリティで●●をしてくれた

というイメージですね。

ちなみに、無料企画だとしても「元々信用(実績)がある」方がより反応は増えます。
※全くの初心者のプレゼントより、プロのプレゼントの方が欲しいですよね。

以上のことから、「SNSを使ってなるべく早く商売したいなら信用(実績)を先にためろ」が私の思いです。

信用(実績)があるとSNSでの立ち回りが非常にスムーズにいきます。

少し私の例をお話しますね。

ココナラマーケというコンセプトで発信を開始。
フォロワーは300人前後。

無料企画を何回か打つが、RTは10回行くか行かないか。

そんなある時、有名発信者の「Twitterプロフィール添削企画」に参加。


そこで会話を行い、私の実績の特異性がその発信者に認められる。


最終的に何人かの有名発信者のご協力もあり、再度行った無料企画の反応は285RTを達成。

また、フォロワーも一気に500人ほど増加。

それだけじゃなく、有名発信者からビジネスパートナーを申し込まれる。

というように、一気に認知が拡大され始めます。

「オズさん。その実績を貯めるのが滅茶苦茶しんどいんですよ。。」

そんな声が聞こえてきそうですね(笑)

実際、多くの人が「信用(実績)を貯める方が大変」と思い込んでしまって途中で挫折します。

ぶっちゃけますが、実績を上げること自体はそこまで大変じゃないのです。

最速最短で実績を上げるには?

私は日頃から「初心者こそココナラを使って実績を上げろ!」と発信をしています。

これには理由があって、

  • 集客を行わなくて良い
  • 商品形態は何でもよい(チャットでもPDFでも電話でも)
  • 実績が「数字」として証拠に残る
  • 「お客様の声」が集まる
  • モノを売る感覚が身につく
  • セールスレターの感覚が身につく

からです。

まず、集客を行わなくて良いだけで一気にビジネスの難易度は下がります。
(集客はココナラ任せです)

SNSで発信する必要もなければ、広告を出す必要もありません。

完全ノーリスクでビジネスが出来るのは、ひかえめに言ってバグです。

また、商品形態も「何でも良い」ので無理に「物」を作る必要はありません。

チャットでもいいし、電話でもいい。
さらにビジネスのハードルが下がりますよね。

そして、ココナラを使った方が良い一番の理由が

「実績が証拠として残る」

からです。

稼いだ額だけでなく、

  • どれくらいの期間でどれくらい稼いでいるのか
  • 販売数はどれくらいか
  • レビュー内容はどうか

これが、出品者だけでなく「購入者」もわかる仕組みになっているのです。
※どれくらいの期間で稼いだかは、レビューの日付から想定を出せます。

結果、本当に稼いでいるかもわからないような「月収●●万円稼いだ方法」ではなく、
実際に画面を見せながら「●●日で●●円稼げた!お客様の声はコレ!!」

と、バシッと提示できるのです。

稼ぎやすいうえに、エビデンスとして実績が残る。

これほど最適な「信用(実績)」の貯め方は無いのではないでしょうか?

最後に

私は別に「ココナラ」の回し者ではありません(笑)

ただ、小難しいことを考える前に、まず「ココナラ」で商品を売る。
という経験を積んで欲しいと思っているだけなのです。

せっかく稼ぎたい!と思ってSNSに乗り込んでも「実績」が無くて苦労している人たちを多く見てきました。

ココナラで商品が売れれば、ある程度以下もわかるようになってきます。
そこからSNSを本格的にやればいいのです。

  • コンセプトとは何か
  • 有益な情報とは何か
  • 価値提供とは何か
  • 商品を売る文章とは何か

いきなり上級者向けのマーケティングを学ぶより、ココナラで

  1. アカウントを作る
  2. 商品を作る
  3. 売る
  4. お客様に喜ばれる

という経験を積んでみてください。

その実績を引き下げ、SNSで信頼を貯めてください。
それが「あなたかだから買う」という状況に繋がっていきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

フォローで限定プレゼントが届く
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次