セブンポケット

ばんわ!オズです。
さてさて、皆様は「セブンポケット」という言葉を知っていますか?
ググれば色々出てくるので、詳しく知りたい方はググってください(笑)
※ま、色々リサーチした結果を要約して説明しますね。

セブンポケットとは7つの収入源を持ちましょうということです。
リーマンショック後のアメリカで流行った造語です。
少し話がそれますが、セブンポケットの重要性を考えるにあたってリーマンショックから受けた日本の影響がキーポイントとなるのでざっくり説明していきますね。
※ここで伝えたいのはあくまでセブンポケットなので搔い摘んで説明しますね。

リーマンショック、サブプライムローンとは?

リーマンショックとは、2008年9月にリーマン・ブラザーズ(大手投資銀行)が経営破綻したことで起きた、世界的な経済危機のことです。リーマン・ブラザーズは業績を伸ばすため、ハイリスクハイリターンな商品に手を出しました。

それが、サブプライムローンです。

サブプライムローンとはザックリ言うと、低所得者(信用がない人)でも家が買えるように組まれたローンのことです。(ちなみにプライムローンは信用力のある人向けのローンです。)

ローンを組んだ最初の2、3年は低い固定金利が適用され、その後金利が急激に上がるといった恐ろしいローンです。

え、、そんなんローン組まんがな。。。と思うでしょ?
でもね。。。?

当時のアメリカは不動産価格が右肩上がりでした。
そのため、以下のような考え方が成り立つかのように思われる状態だったのです。

 債務者:土地の価値が上がるタイミングで家を売ろう!
 債権者:返済が滞ったとしても実際に住宅を売却してしまえば問題ないだろう!

日本は住宅ローンが残っている限り、家を手放しても支払いが必要です。ただ、アメリカでは家を手放せば残りのローンは払わなくて済みます。当時は土地、家の価値が右肩上がりなのでローンを支払ったとしても利益が出るくらいの住宅バブルでした。
そのため、当時のアメリカでは住宅ローンを組む人たちが大勢いたのです。

その様な人たちに、無尽蔵に貸し出しだけ続けていくと住宅ローン会社の金庫はすっからかんになります。これを解決するために「住宅ローンの証券化」を行いました。
例えば5000万円の住宅ローンを組み、金利込みで5500万円受け取るローンを組みます。
その利子を付けて返してもらえる権利を投資銀行に5250万円で売ります。
そうすると、住宅ローン会社+250万円、証券会社+250万円の利益が見込まれます。
証券会社はその権利を買い取り、さらに投資家や他の銀行へ「商品」としてばらまきます。
リーマン・ブラザーズはその権利を他の様々な「商品」と併せた投資案件を大量に取り扱っていたのです。e.g:国債30%+インド株30%+サブプライムローン40%等・・・

そんな中、不動産価格が下落し始めました。
住宅バブルがはじけたのです。
するとどうなるか。家を手放す人が続出します。家が大量にあまるので家を担保にしていた会社も家が売れなくなります。もうお分かりかと思いますが、投資案件として売られていた「商品」は一気に信用を無くします。

結果、リーマンブラザーズが売っていた金融商品は紙くずとなり、それらを保有、運用していた投資家や銀行も大損害を被ります。その影響は世界中の様々な所にまで飛び火します。
最終的に世界の金融バランスにまで影響が及び、経済不況を招きました。これがリーマンショック(ザックリ版)です。

不況、日本への影響⇒セブンポケットの重要性

リーマンショックの影響でアメリカドルの信用が下がるとどうなるか。
「安全通貨」と呼ばれる日本円が買われます。(日本円=安全通貨の所説はどこかで深堀しますね。)
日本は輸入産業より輸出産業のほうが活発です。そのため円高になってしまうと多くの企業が儲かりません。そうなると日本も不況になり、リストラ、派遣切り、倒産等、いろいろハショリますが日本国全体の経済が低迷します。
実際職を失った人たちも多いでしょう。

今まさに働いている人!
終身雇用が崩壊した日本で、唯一の収入源が勤めている会社のままで安心ですか?
次の不況に耐えられる準備はしていますか?今あなたが職を失ったら、どのように生きていきますか?
その不安をリスク分散させたものがセブンポケットです。
一つの収入源がなくなったとしても何とかやっていけるための収入の柱を作っておく。
これ重要です。

じゃあ具体的にどのように収入源増やすのよ!
お答えします。
こんな感じ。

1.メインの仕事
2.コンビニのバイト
3.新聞配達
4.夜間警備の仕事
5.内職
6.UBEREATの配達
7.家庭教師
はい!これでセブンポケット達成ですね!
。。。
。。。。。。。。
いやいや、無理でしょ!影分身しなきゃ無理無理。倒れるどころの話じゃないわ!

じゃあこんな感じのはどうでしょう。

1.メインの仕事
2.株
3.為替
4.トレード
5.せどり
6.アフィリエイト
7.ネットワークビジネス

。。。まぁ、ワンチャンいけるかも。。?
セブンポケットとはいかなくてもスリーポケットぐらいなら。。

とは簡単に思わないかもしれませんが、事実「行動」さえ起こせばスリーポケットぐらいなら何とかなります。
ものすごい飽き性な自分でさえ出来ているのですから。

お金の手に入れ方にはいくつかの性質があります。
1.もらう
2.かせぐ
3.かりる
4.ふやす
5.ぬすむ
6.つくる

上記の性質の話は別途記事にしますが、
まずは「ふやす」これを試してみませんか。

自分の場合は以下です。
1.メインの仕事
2.為替
3.トレード

これは「もらう」と「ふやす」に該当します。
(とはいえ「ふやす」はまだ極貧状態ですが( ;∀;))

リスク分散のみが目的ではなく、今より良い暮らしのために!これも重要な考えの一つです。
今まさに副業解禁や老後2000万円問題、youtuberや仮想通貨などが話題になり、
お金の不安や個で稼ぐ人々の増加など、時代の流れが変わってきています。
駆け足でお話ししましたが、少しでもセブンポケットに興味を持ってくれたらと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事